ディケンズ・フェロウシップ日本支部

作品の翻訳

ここでは書籍として出版されたものだけを扱っています。

Japanese Translations

 
  • Sketches by Boz (1836)
    • 藤岡啓介訳『ボズのスケッチ』(未知谷、2013)
    • 田辺洋子訳『ボズの素描集』(あぽろん社、2008)
    • 原英一訳『ボズのスケッチ集』(1)「我が教区」4篇、(2)「情景」6篇、(3)「情景」3篇(『川内レビュー』2002, 2006, 2007)
    • 藤岡啓介訳『ボズのスケッチ』全2巻(第四篇「短篇集」岩波文庫、2004)
    • 藤本隆康訳『ボズの素描集』(第一篇「我が教区」と第二篇「情景」、近代文藝社、1993)

  • The Pickwick Papers (1836-37)
    • 梅宮創造訳『英国紳士サミュエル・ピクウィク氏の冒険』(未知谷、2005)
    • 田辺洋子訳『ピクウィック・ペーパーズ』全2巻(あぽろん社、2002)
    • 北川悌二訳『ピクウィック・クラブ』全3巻(ちくま文庫、1990)
    • 北川悌二訳『ピクウィック・クラブ』(三笠書房、1971)
    • 宮西豊逸訳『ピクウィック倶欒部』(三笠書房、1951)

  • Oliver Twist (1837-9)
    • 田辺洋子訳『オリヴァー・トゥイスト』(あぽろん社、2009)
    • 北川悌二訳『オリバー・ツイスト』全2巻(角川文庫、2006)
    • 照山直子訳『オリヴァー・トゥイスト』(ニュートンプレス、1997)
    • 小池 滋訳『オリヴァー・トゥイスト』全2巻(ちくま文庫、1990)
    • 北川悌二訳『オリヴァ・トウィスト』コレクターズ版世界文学全集11(日本メ-ル・オ-ダ-社、1971)
    • 小池 滋訳『オリヴァー・トゥイスト』(講談社文庫、1971)
    • 森野弥良訳『オリヴァ・ツウィスト』アトム英文双書(学生社、1971)
    • 小池 滋訳『オリヴァー・トゥイスト』世界文学全集13(講談社、1970)
    • 本多季子訳『オリヴァ・ツウィスト』全2巻(岩波文庫、1956)
    • 中村能三訳『オリヴァー・ツィスト』全2巻(新潮社文庫、1955)
    • 鷲巣 尚訳『オリヴァ・トウィスト』全2巻(角川文庫、1953)
    • 奈街三郎訳『オリバー・ツイスト』(大雅堂、1949)
    • 松本恵子訳『オリバーの冒険』(国民図書刊行会、1948)
    • 焉場孤蝶訳『オリウァー ノウィスト』(改造社、1939)

  • Nicholas Nickleby (1838-39)
    • 田辺洋子訳『ニコラス・ニクルビー』上下巻(こびあん書房、2001)
    • 菊池武一訳『善神と魔神と』第1巻のみ(角川文庫、1953)

  • The Old Curiosity Shop (1840-41)
    • 田辺洋子訳『骨董屋』(あぽろん社、2008)
    • 北川悌二訳『骨董屋』全2巻(ちくま文庫、1989)
    • 北川悌二訳『骨董屋』(三笠書房、1977)

  • Master Humphrey's Clock (1840-41)
    • 田辺洋子訳『ハンフリー親方の時計/御伽英国史』(溪水社、2015)

  • Barnaby Rudge (1841)
    • 田辺洋子訳『バーナビ・ラッジ』(あぽろん社、2003)
    • 小池 滋訳『バーナビー・ラッジ』集英社世界文学全集15(集英社、1975)

  • American Notes (1842)
    • 田辺洋子訳『アメリカ探訪/イタリア小景』(溪水社、2016)
    • 伊藤弘之・下笠徳次・隈元貞広訳『アメリカ紀行』全2巻(岩波文庫、2005)

  • Martin Chuzzlewit (1843-44)
    • 田辺洋子訳『マーティン・チャズルウィット』全2巻(あぽろん社、2005)
    • 北川悌二訳『マーティン・チャズルウィット』全3巻(ちくま文庫、1993)
    • 北川悌二訳『マーティン・チャズルウィット』(三笠書房、1977)

  • Christmas Books (1843-48)
    • 田辺洋子訳『クリスマス・ブックス』(溪水社、2012)

    • A Christmas Carol
      1. 井原慶一郎訳『クリスマス・キャロル』(春風社、2015)
      2. 梅宮創造訳『クリスマス・キャロル』(小説、朗読台本・全四曲、大阪教育図書、2013)
      3. 井原慶一郎訳『朗読によるクリスマス・キャロル』(K&Yカンパニー、2011)
      4. 池 央耿訳『クリスマス・キャロル』(光文社古典新訳文庫、2006)
      5. 脇 明子訳『クリスマス・キャロル』(岩波少年文庫、2001)
      6. 徳増富三訳『スクルージ』(日本図書刊行会、1997)
      7. 関谷義樹訳『クリスマス・キャロル』ジョン・ペイシャンス絵(ドン・ボスコ社、1997)
      8. 伊藤広里訳『クリスマス・キャロル』(近代文芸社、1996)
      9. 村岡花子訳『クリスマス・カロル』(『世界文学の玉手箱』18、河出書房新社、1993)
      10. 宮崎孝一訳『クリスマス・カロル』(メセナ教養文庫、1、村石日本語研究所、1993)
      11. 小池 滋訳『クリスマス・キャロル』(ちくま文庫、1991)
      12. もきかずこ訳『クリスマス・キャロル』ロベルト・インノチェンティ絵(西村書店、1991)
      13. 中川 敏訳『クリスマス・キャロル』(集英社、1991)
      14. 夏目道子訳『クリスマス・キャロル』(金の星社、1991)
      15. 吉田新一訳『クリスマス・キャロル』(国土社、1990)
      16. 足沢良子訳『クリスマス・キャロル』広野多珂子絵(小学館、1990)
      17. 夏目道子訳『クリスマス・キャロル』(『世界の名作ライブラリー』7、金の星社、1989)
      18. 司 修訳『クリスマス・キャロル』(講談社インターナショナル、1989)
      19. 八木田宜子訳『クリスマス・キャロル』たじまじろう絵(集英社、1989)
      20. 吉田新一訳『クリスマス・キャロル』リスベート・ツヴェルガー絵(太平社、1989)
      21. こだまともこ訳『クリスマス・キャロル』少年少女世界文学館(講談社、1987)
      22. 小池 滋訳『クリスマス・キャロル』アーサー・ラッカム絵(新書館、1985)
      23. こだまともこ訳『クリスマス・キャロル:クリスマスのゆうれいの話』講談社青い鳥文庫(講談社、1984)
      24. 足沢良子訳『クリスマス・キャロル』(『フラワーブックス』18、小学館、1983)
      25. 八木田宜子訳『クリスマス・キャロル』(『少年少女世界の名作』25、集英社、1982)
      26. 岡上鈴江訳『クリスマス・キャロル』(『少年少女世界名作全集』4、ぎょうせい、1982)
      27. 村山英太郎訳『クリスマス・カロル』(岩波書店、1978)
      28. 秋山悦子訳『クリスマス・カロル』(日本書房、1978)
      29. 刈田元司訳『クリスマス・キャロル』(『キリスト教文学の世界』9、主婦の友社、1978)
      30. 吉田新一訳『クリスマス・キャロル』(『世界の名作』2、国土社、1977)
      31. 光吉夏弥訳『クリスマス・カロル』(玉川大学出版部、1976)
      32. 野長瀬正夫訳『くりすます・かろる』(『せかいの名作ぶんこ』8、金の星社、1975)
      33. 中川 敏訳『クリスマス・キャロル』集英社世界文学全集 15(集英社、1975)
      34. 北川悌二訳『クリスマス・キャロル』(三笠書房、1974)
      35. 北川悌二訳『クリスマス・カロル』(講談社文庫、1972)
      36. 神山妙子訳『クリスマス・カロル』(旺文社文庫、1969)
      37. 光吉夏弥訳『クリスマス・カロル』(『トッパンの絵物語』10、フレーベル館、1968)
      38. 斉藤数衛訳『クリスマス・カロル』(『少年少女世界文学全集』12、学習研究社、1968)
      39. 皆河宗一訳『クリスマス・キャロル』(『河出書房カラー版世界文学全集』10、河出書房、1967)
      40. 光吉夏弥訳『クリスマス=カロル』(『少年少女新世界文学全集』4、講談社、1965)
      41. 村岡花子訳『クリスマス・キャロル』(『少年少女世界の文学』8、河出書房、1964)
      42. 平井芳夫訳『クリスマス=カロル』(『少年少女世界の名作文学』4,小学館、1964)
      43. 皆河宗一訳『クリスマス・キャロル』(『世界文学全集』6、河出書房、1961)
      44. 高木明夫訳『クリスマス・カロル』(日本書房、1960)
      45. 安藤一郎訳『クリスマス・カロル』(『少年少女世界文学全集』6,講談社、1959)
      46. 太田博也(文)『クリスマス・カロル』(大日本雄弁会講談社、1957)
      47. 沢田光子訳『クリスマス・カロル』(日本書房、1955)
      48. 北川千代訳『クリスマス・カロル』(『世界名作全集』120、講談社、1955)
      49. 中島孤島訳『クリスマス・カロル』(『世界少年少女名作選集』9、同和春秋社、1954)
      50. 原島善衛訳『クリスマス・キャロル』(『世界少年少女文学全集』6、創元社、1954)
      51. 安藤一郎訳『クリスマス・カロル』(角川文庫、1954)
      52. 速水速雄訳『クリスマス・カロル』(日本書房、1953)
      53. カバヤ児童文化研究所編『クリスマスキャロル』(『児童文学』第4巻第7号、カバヤ児童文化研究所、1953)
      54. 原島善衛訳『クリスマス・キャロル』(創元文庫、創元社、1952)
      55. 村岡花子訳『クリスマス・カロル』(新潮文庫、1952)
      56. 村山英太郎訳『クリスマス・キャル』(岩波少年文庫、1950)
      57. 松本恵子訳『クリスマス・カロル』(小学生文庫 32、小峰書店、1950)
      58. 安藤一郎訳『クリスマス・キャロル』(角川文庫、角川書店、1950)
      59. 刈田元司訳『クリスマス・キャロル』(思索選書 155、思索社、1950)
      60. 森田草平訳『クリスマス・キャロル』(『ディケンズ選集』1、東西出版社、1948)
      61. 安藤一郎訳『クリスマスの歌』(浪漫新書、トッパン、1948)
      62. 田中俊夫訳『スクルージと四人の幽霊』(小石川書房、1948)
      63. 山本政喜訳『クリスマスカロル』(季節社、1948)
      64. 山中光男訳『クリスマスカロル物語』(教文館、1940)
      65. 中島孤島訳『クリスマス・カロル』(少年文庫 86、春陽堂、1932)
      66. 森田草平訳『クリスマス・カロル』(岩波文庫 694、1929)
      67. 幡谷正雄訳『クリスマス・カロル』(嶺光社、1925)
      68. 中島孤島訳『クリスマス・カロル(『世界少年文学名作集』13、精華書院内家庭読物刊行会、1920)
      69. 矢口達訳『クリスマスカロル』(植竹書院、1915)
      70. 紅薔薇訳『クリスマスカロル』(富田文陽堂、1911)
      71. 草野柴二訳『クリスマス・カロル』(尚文館、1902)
      72. 浅野和三郎訳『クリスマス、カロル』(大日本図書、1902)
      73. 竹の舎主人(饗庭篁村)訳『影法師』(『読売新聞』、1888)
      74. 映画

  • The Chimes
    • 松村昌家訳『鐘の音』(ちくま文庫、1991)
    • 松村昌家訳『鐘の精』(大阪:三友社、1973)
  • The Cricket on the Hearth
    • 伊藤廣里訳『炉辺のこおろぎ』(近代文藝社、2004)
    • 山本政喜対訳『炉辺のこおろぎ』(南雲堂、1988)
    • 皆河宗一訳『炉ばたのこおろぎ:家庭のおとぎ話』河出書房カラー版世界文学全集10(河出書房、1967)
    • 佐藤香代子訳『炉端のこおろぎ:家庭のおとぎ話』メルヘン文庫(東洋文化社、1980)
    • 刈田元司訳『炉辺のこおろぎ』(角川文庫、1958)
    • 村岡花子訳『炉辺のこおろぎ』(隆文堂、1949、のち新潮文庫、1959)
    • 本多顕彰訳『爐邊のこほろぎ』(岩波文庫、1935)
  • The Battle of Life
  • The Haunted Man

  • Pictures from Italy (1844-45)
    • 田辺洋子訳『アメリカ探訪/イタリア小景』(溪水社、2016)
    • 伊藤弘之・下笠徳次・隈元貞広訳『イタリアのおもかげ』(岩波文庫、2010)

  • The Life of Our Lord (1846)
    • 田辺洋子訳「イエスの生涯」『ボズの素描滑稽篇・物臭徒弟二人のなまくら膝栗毛他』(溪水社、2015)
    • 竜口直太郎対訳『キリスト伝(上下巻)』(評論社、1985)
    • 岡田 尚訳『救い主イエスさまのご一生』(新教出版社、1981)
    • 岩橋武夫訳『主イエス様の御生涯』(三省堂、1935)

  • Dombey and Son (1846-48)
    • 田辺洋子訳『ドンビー父子』上下巻(こびあん書房、2000)

  • David Copperfield (1849-50)
    • 田辺洋子訳『デイヴィッド・コパフィールド』上下巻(あぽろん社、2006)
    • 石塚裕子訳『デイヴィッド・コパフィールド』全5巻(岩波文庫、2002)
    • 猪俣礼二訳『デェヴィド・カッパフィールド』全3巻(角川文庫、1971)
    • 中野好夫訳『デイヴィッド・コパフィールド』世界文学全集(集英社、1970)
    • 中野好夫訳『デイヴィッド・コパフィールド』世界文学全集12・13・14(新潮社、1969)
    • 中野好夫訳『デイヴィッド・コパフィールド』全4巻(新潮文庫、1967)
    • 猪俣礼二訳『デェヴィド・カッパフィールド』世界文学全集14・15(河出書房、1951)
    • 市川又彦訳『デイヴィッド・コパフィールド』全6巻(岩波文庫、1951)
    • 田中寅三訳『デイヴィッド・コパフィールド』アトム英文双書(学生社、1962)
    • 平田禿木訳『デヴィッド・カッパフィールド』(日本評論社、1950)
    • 平田禿木訳『デヴィッド・カッパフィールド』(国民文庫、1928)

  • Christmas Stories (1850-58, 1859-67)

  • A Child's History of England (1851-53)
    • 田辺洋子訳『ハンフリー親方の時計/御伽英国史』(渓水社、2015)
    • 原 百代訳『英国史物語』上・下巻(曉書房、1950)

  • Bleak House (1852-53)
    • 田辺洋子訳『荒涼館』上下巻(あぽろん社、2007)
    • 青木雄造・小池 滋訳『荒涼館』全4巻(ちくま文庫、1989)
    • 青木雄造・小池 滋訳『荒涼館』筑摩世界文学体系34(筑摩書房、1975)
    • 青木雄造・小池 滋訳『荒涼館』世界文学全集22(筑摩書房、1970)

  • Hard Times (1854)
    • 田辺洋子訳『ハード・タイムズ』(あぽろん社、2009)
    • 田中孝信・山村元彦・竹村義和共訳『ハード・タイムズ』(英宝社、2000)
    • 柳田 泉訳『世の中』世界文學全集18(新潮社、1928)

  • Little Dorrit (1855-7)
    • 田辺洋子訳『リトル・ドリット』上下巻(あぽろん社、2004)
    • 小池 滋訳『リトル・ドリット』全4巻(ちくま文庫、1991)
    • 小池 滋訳『リトル・ドリット』集英社版世界文学全集33・34(集英社、1980)

  • Reprinted Pieces (1858)
    • 田辺洋子訳『翻刻掌篇集――ホリデー・ロマンス他』(溪水社、2014)

  • A Tale of Two Cities (1859)
    • 加賀山卓朗訳『二都物語』(新潮文庫、2014)
    • 田辺洋子訳『二都物語』(あぽろん社、2010)
    • 西山浅次郎訳『二都物語』特急世界名作シリーズ(潮文社、1979)
    • 松本恵子訳『二都物語』(旺文社文庫、1971)
    • 中野好夫訳『二都物語』全2巻(新潮文庫、1967)
    • 中野好夫訳『二都物語』河出書房カラー版世界文学全集10(河出書房、1967)
    • 本多顕彰訳『二都物語』(角川文庫、1966)
    • 中野好夫訳『二都物語』世界の名作21(集英社、1965)
    • 國広哲弥訳『二都物語』アトム英文双書(学生社、1962)
    • 猪俣礼二訳『二都物語』河出書房世界文学全集6(河出書房、1955)
    • 佐々木直次郎訳『二都物語』全2巻(新潮文庫、1951)
    • 名原広三朗訳『二都物語』世界大衆文学全集(改造社、1930)
    • 柳田 泉訳『二都物語』世界文學全集18(新潮社、1928)

  • The Uncommercial Traveller (1860)
    • 田辺洋子訳『逍遥の旅人』(溪水社、2013)
    • 広島大学英国小説研究会訳『無商旅人』(篠崎書林、1987)

  • Great Expectations (1860-61)
    • 石塚裕子訳『大いなる遺産』(岩波文庫、2014)
    • 佐々木徹訳『大いなる遺産』(河出文庫、2011)
    • 田辺洋子訳『大いなる遺産』(溪水社、2011)
    • 大久保康雄訳『大いなる遺産』欧米名著物語選集(断流社、1948)
    • 日高八郎訳『大いなる遺産』世界の文学13(中央公論社、1967)
    • 山本政喜訳『大いなる遺産』全3巻(角川文庫、1955、1998)
    • 山西英一訳『大いなる遺産』全2巻(新潮文庫、1951、1997)

  • Our Mutual Friend (1864-65)
    • 間 二郎訳『我らが共通の友』全3巻(ちくま文庫、1997)
    • 田辺洋子訳『互いの友』上下巻(こびあん書房、1996)

  • The Mystery of Edwin Drood (1870)
    • 小池 滋訳『エドウィン・ドルードの謎』(白水Uブックス、2014)
    • 田辺洋子訳『エドウィン・ドゥルードの謎』(溪水社、2010)
    • 小池 滋訳『エドウィン・ドルードの謎』(創元推理文庫、1988)
    • 小池 滋訳『エドウィン・ドルードの謎』世界文学全集29(講談社、1977)

  • 選集
    • 小池 滋(編著)『ディケンズ朗読短篇選集』(北星堂、2006)
      1. 「バーデル対ピックウィック裁判」
      2. 「ボブ・ソーヤ氏の独身者パーティ」
      3. 「ひいらぎ旅館のブーツ」
      4. 「哀れな旅人」
      5. 「マグビー駅のボーイ」
      6. 「ドクター・マリゴールド」
    • 小池 滋・石塚裕子訳『ディケンズ短編集』(岩波文庫、1986)
      1. 「墓堀り男をさらった鬼の話」
      2. 「旅商人の話」
      3. 「奇妙な依頼人の話」
      4. 「狂人の手記」
      5. 「グロッグツヴィッヒの男爵」
      6. 「チャ-ルズ二世の時代に獄中で発見された告白書」
      7. 「ある自虐者の物語」
      8. 「追いつめられて」
      9. 「子守り女の話」
      10. 「信号手」
      11. 「ジョージ・シルヴァーマンの釈明」
    • 松本 泰・松本恵子訳『ヂッケンズ物語全集』(中央公論社、1935-36)
      1. 第1巻『漂泊の孤児』(Oliver Twist)
      2. 第2巻『北溟館物語』(Bleak House)
      3. 第3巻『謎の恩恵者』(Great Expectations)
      4. 第4巻『少女瑠璃子』(The Old Curiosity Shop)
      5. 第5巻『千鶴井家の人々』(Martin Chuzzlewit)
      6. 第6巻『二都物語』(A Tale of Two Cities)
      7. 第7巻『開拓者』(Nicholas Nickleby)
      8. 第8巻『鉄の扉』(Dombey and Son)
      9. 第9巻『男の一生』(David Copperfield)
      10. 第10巻『貧富の華』(Little Dorrit)
    • 杉山洋子他訳『ホリデイ・ロマンス』(編集工房ノア、2000)

  • その他
    • 『ボズの素描滑稽篇・物臭徒弟二人のなまくら膝栗毛他』田辺洋子訳(溪水社、2015年)
    • 『文豪ディケンズと倒錯の館』ウィリアム・J.パーマー著/宮脇孝雄訳(新潮社、2001年)
    • 『ディケンズの毛皮のコート/シャーロットの片思いの手紙』ダニエル・プール著/片岡信訳(青土社、1999年)
    • 「信号手」『英米ゴーストストーリー傑作選』佐藤嗣二編訳(新風書房、1996年)
    • 『ディケンズ小説中の楽しい洋酒のはなし』セドリック・ディケンズ著/石田敏行・石田洋子訳(モーリス・カンパニー、1988年)
    • 『ディケンズとディナーを ディケンズの小説中の食べもの散歩』セドリック・ディケンズ著/石田敏行・石田洋子訳(モーリス・カンパニー、1987年)
    • 徳永守儀訳注『信号手/子供の星の夢』英文世界名作シリーズ(評論社、1976年)

  • 間違いや見落としは、こちら まで御一報下さい。
  • 『クリスマス・キャロル』の一覧表は、宇佐見太市氏の『ディケンズと「クリスマス・ブックス」』(関西大学出版部、2000)を参考にさせていただきました。
  • 翻訳の探し方
    1. 現在でも購入できるかどうかは、Books.or.jp で検索。
    2. 古本に関しては、日本の古本屋またはインターネット古書店案内で検索。
    3. 学術情報センターの NACSIS Webcat(総合目録データベースWWW検索サービス)で検索。
  •  
    
    © The Dickens Fellowship: Japan Branch
    All rights reserved.