ディケンズ・フェロウシップ日本支部

DOMBEY AND SON

作品の梗概

Articles

  1. Eiichi Hara, "Bleak House and the Reign of Metaphor" (PDF)
  2. Asuka Kamiyama, "Bleak House: Dickens's Nostalgia in the Portrait of Children" (PDF)
  3. Harumi Matsuura, "The Survival of an Injured Daughter: Esther Summerson's Narration in Bleak House" (PDF)
  4. Takashi Nakamura, "Bleak House and Brown's Work: A Gaze upon the Poor" (PDF)
  5. Tomoya Watanabe, "The Revenge of the Poor: ‘The Structural Relationship’ between Hortense and Jo in Bleak House" (PDF)
  6. 大森幸享「『荒涼館』――デッドロック夫人の逃避と死の意味」(PDF)
  7. 奥田真由子「ジョーが墓地に運ぶもの――『荒涼館』に隠された『リア王』の父娘関係」(PDF)
  8. 小野寺進「Bucket 警部と Wield 警部――Dickens の虚構に関する一考察」(PDF)
  9. 梶山秀雄「生きながら謎解きに葬られて――探偵小説としての『荒涼館』、あるいはメタファーとしての密室殺人」(PDF)
  10. 木原泰紀「エスタの秩序――『荒涼館』」(PDF)
  11. 木原泰紀「家庭を統べる眼――Bleak House の権力構造、あるいは物語構造」(PDF
  12. 西條隆雄「Bleak House ――二つの語りの交叉」(PDF)
  13. 西條隆雄「Bleak House ――劇と語り」(PDF)
  14. 西垣佐理「『荒涼館』にみる看護・ジェンダー・階級」 (PDF)
  15. 要田圭治「『荒涼館』のロンドンと帝国」(PDF)
  16. 田辺洋子「Bleak House 論――もう一つの 'romantic side of familiar things'」(PDF)
  17. 谷 綾子「『荒涼館』──腐敗の打破と新たな秩序を創造する力」 (PDF)
  18. 田村真奈美「『荒涼館』における慈善」 (PDF)
  19. 栂 正行「安住と冒険 [序論、(1)-1]――『荒涼館』物語」(PDF)
  20. 栂 正行「安住と冒険 [(1)-2] ――『荒涼館』物語」(PDF)
  21. 永岡規伊子「チャールズ・ディケンズ『荒涼館』における母と娘」 (PDF)
  22. 長谷川雅世「タルキングホーンの死――『荒涼館』とチャドウィック」(PDF)
  23. 長谷川雅世「『荒涼館』に輝く月――エスター・サマソンの結末」(PDF)
  24. 長谷川雅世「『荒涼館』の英雄――救済者ウッドコートの役割」(PDF)
  25. 福島光義「Bleak House におけるBucket警部の情報収集」(PDF)
  26. 水野隆之「『荒涼館』における「国」と「家庭」」(PDF)
  27. 水野隆之「『荒涼館』におけるジョーの役割」(PDF)
  28. 水野隆之「『荒涼館』での大法院の描写を巡って」(PDF)
  29. 宮川和子「Charlotte Brontë と Charles Dickens の隠された対抗意識――Jane Eyre から Bleak House そして Villette へ」(PDF)
  30. 宮川和子「『荒涼館』における名前と暴力」(WORD | PDF)
  31. 宮川和子「手紙に憑かれた人々――『荒涼館』研究――(PDF)
  32. 宮川和子「『荒涼館』と『ヴィレット』――エスタとルーシーが語るトラウマの物語」(PDF)
  33. 矢次 綾「『荒涼館』における病――エスタとの関わり」(PDF)
  34. 山田岳志「『荒涼館』にみられる「ジェントルマン」概念――19 世紀『ジェントルマン』概念研究の手がかりとして」(PDF)
  35. 山本まゆみ「Bleak HouseOur Mutual Friend における女性と結婚について」(PDF
  36. 吉田一穂「Bleak House における「最後の審判」」(PDF)
  37. 吉田一穂「Bleak House――階級がもたらす孤立状態と個人による孤立状態の超越」(PDF)
  38. 力丸 晃「Bleak House に漂う霧の内側――ディケンズの心」(PDF)

© The Dickens Fellowship: Japan Branch
All rights reserved.